アマゾンのマスターカードでアマゾンを使い倒す

記事アマゾンマスターカード,クレジットカード

アマゾンのクレジットカードは、そのポイント還元率と、付与される特典がいっぱいでお得だと感じます。

今回、その特典、知っておくべきメリットを紹介いたします。

カードの種類は二種類

ノーマルカードの方は「クラシック」、上位カードの方は「ゴールド」です。

それぞれ年会費とメリットが異なります。

「え?!年会費無料のカードが増えているご時世で、カード年会費がかかるの?」と思った貴方、実はその年会費を払ってでも得られる特典から、納得して頂けるメリットが感じられるはず。

特典はやはりゴールドが特上で、メリットが大きい

ゴールドカードの年会費は、11000円(税込み)。対してクラシックカードの方は1375円(初年度無料)。

ゴールドカードを持つと、自動的に"プライム会員特典が無料追加"されるという特典が付きます。

通常だと月額会費が500円(税込み)かかり、年間プランでは4900円/年(408円/月)となっているプライム会員費用。これが無料で使えるようになります。

そして、カードの利用状況に応じて最大で6600円(税込み)の年会費割引が適用されます。

最大割引された場合には4400円の年会費でゴールドカードが使える。これは大きいメリットです。

対してクラシックカードの方は、プライム会員になるために別途会費を払わないといけません。

年会費で4900円かかるプライム会員費用を払う必要があります。

ただし前年度に一回でも買い物をしているとカード年会費1375円は翌年課金無しとなりますので、買い物に使うカードとして通常に持つ上で、まったく問題なく無料で保持できるクレジットカードとなります。

Amazon MasterCardゴールドの注目すべき特典

記事筆者が注目しているゴールドカードの特典は、"お買い物安心保険“の補償金額部分。

ゴールドカードの方のお買い物安心保険は、年間300万円まで補償となっています。対してクラシックカードの方は年間100万円まで補償となっています。

ショッピング補償(動産総合保険)となる「お買い物安心保険」は、なにか事故があった時に自己負担金額3000円/回を払うことで、このカードで購入した商品の物理的な破損や盗難などの被害について補償してくれるというサービス。補償する保険加入が無かった場合には泣き寝入りだったような事故についても、手厚く補償してくれる保険です。有るのと無いのとでは大違いのカード付帯保険です。

コロナ禍において旅行はそう頻繁にしないかもしれませんので、国内・海外旅行に適用される傷害保険の自動適用は余りメリットを感じないかもですね・・・。

しかし旅行傷害保険の保険金額は5000万円まで補償されます。当日加入の旅行用障害保険の金額、数百円~数千円などでの保険当日加入を繰り返す場合よりもメリットが大きい人もいることでしょう。

アマゾン・ヘビーユーザーならゴールドカード一択と言えるポイント還元率

アマゾンのプライム会員になる為の会費が年額4900円ですから、数々の特典を使いまくっているアマゾンヘビーユーザーならば、きっとゴールドカードのポイント還元率を考えるとお得さを感じると思います。

アマゾンでのお買い物で、ポイント還元率2.5%が適用されます。

たとえば年間で20万円のお買い物をアマゾンで行った場合、2.5%ポイント還元されたなら5000円分のポイントバック。

年会費11000円から4900円のプライム会費が無料適用と、2.5%ポイントバックにて6100円分以上のポイントをゲットしていれば、ペイできる感じ。

年間245000円以上とかアマゾンで買い物をしちゃうっていう人は、ペイできている状態を楽しめます。

月間で20400円程度を平均してアマゾンで買い物しているよっていう人は、ゴールドカードを持つメリットは大きいです。

実はAmazonマスターカード会員には隠れたメリットも

実は、なのですが、実際に使ってみたらわかる隠れメリットがありまして・・・カード会員に特別な割引が適用される場合がある商品がたまに見つかるんです・・・。秘密ですよ?(笑)

アマゾンMaster Cardの発行はどこがやってる?

アマゾン・マスターカードの発行は、三井住友カードが行っています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0092VB6VK/